何故食前に飲むと効果があるのか?その仕組みを教えます

カロリミットはどうやって身体に効いていくの?

痩せてる人には秘密!食べると太りやすい、ダイエットしてみたいけど根気の続かないという人のためのダイエットサプリ、それがカロリミットです。

含まれている成分は、脂質や糖質の吸収を抑えてくれる効果を発揮してくれますが、でもそれってどういう仕組みなんでしょうか?

実際には知らない人って結構多いと思います。

そこで今回は、カロリミットの成分がどういった作用をして、身体に効果をもたらすのか?その仕組みを解説していきます。

カロリミットの成分はどういう反応を身体の中でしてるのか?

カロリミットの主成分のギムネマは、昔から血糖値が上がるのを防いでくれるハーブの一種として、重宝されています。

インドハーブとして現代でも使われ続けて、食べると「甘みを感じられなくなる」効果が出るので、甘い物を抑えないとダメな人によく処方されていたりします。

ギムネマには体内にある糖質を吸収してしまう効果があるので、血糖値が上がらないようにしてくれます。

そうして血液の中にコレステロールが入っていくのを制御してくれて、余計な食欲を抑えてくれたりします。

やたらに甘い物や油っこいものを食べていると、血液の中のコレステロール値が上昇して血液の流れが悪くなってしまいます。

ですからそれを抑えれば、老廃物として余分になった栄養分は排出して、身体の中に残さないようにしてくれます。

同じくカロリミットに配合されている、桑の葉はブドウ糖に構造が似ているので、食べる前に服用したら、身体がそれをブドウ糖と間違えて身体に取り込み、食事によって身体に入ってくる分を老廃物として出してくれるメカニズムですから、同室を制限するという事は、桑の葉が先回りしてブドウ糖の代わりをしてくれていると思ってくれればいいと思います。

特殊な成分のメカニズム

カロリミットに含まれている成分には、カニとか海老とかの甲殻類に含まれているキトサンというものがあります。

このキトサンはコレストロールを低くしてくれる効力があるので、高血圧の予防にも効果があると話題になりました。

キトサンは胃腸に入るとゲル状となり、腸の中にあるコレステロールを包み込んで、外に排出してくれます。

鳩烏龍茶やいんげん豆などの成分も、糖質や脂質を吸収してくれて、ダイエットを助けてくれます。

食事でとる筈の栄養分を事前に飲んだカロリミットのこういった成分で、代替してしまうことにより、食事でのカロリーを外に出してしまうというシステムです。

例えるなら、コップに入りきらなかった水を、カロリミットでいらない物として外に出してくれるという事です。

きちんと入れば大丈夫ですが、コップならあふれ出すものは人の身体だと、便として蓄積されてしまうのです。

カロリミットには食物繊維も含まれていますから、腸が正常に働いていれば、便は毎日排泄されていきますね。

でも腸の調子が悪いひとがカロリミットを飲んでしまうと、たまにですが便秘を起こすことがあります。

身体の水分不足のせいで、便が硬めになってしまい腸が動きにくくなるので、便秘気味という人は、飲み会や女子会といった肉や甘い物をたくさん食べる時のみに使うという事もあります。

カロリミットの効果は発揮される!

糖質とは肝臓に蓄えられていき、エネルギーとして消費されていきます。

エネルギーを沢山消費すれば肝臓にも空きが出来てきて、糖質は必要に分だけ肝臓に蓄えられますが、空きがない時はそれは脂肪となっていきます。

ですからいかにして、肝臓のキャパシティを超える糖質を摂らないことが重要となります。

しかしいくらカロリミットでも、抑えられる糖質の量にも限外がありますから、カロリミットの効果の範囲内で何とかなる食事の量の目安も、使っていくうちにわかると思います。