最近何かと話題でCMでもお馴染みなカロリミット、飲み方に注意点はある?

正しく飲んで正しいサポートをしてもらいましょう

「食べながら痩せられる」と話題のダイエットサポートサプリメントのカロリミットですが、一体いつ飲んだらいいのか?とか、飲むのに最適なタイミングは?という風にあいまいな点も多いです。

ダイエットサプリメントは正しく飲まなくてはその効果を発揮してくれませんから、カロリミットの効力を最大限に引き出すために、正しいの味方に付いて解説していきましょう。

カロリミットのサポートってどれぐらいしてくれるの?

基本カロリミットは食事の糖質や糖質を分解したりするのを助けてくれるものです。

ですから、「いつ飲もうか?」で出てくる効果も変わってくるわけです。

カロリミットは飲んでから約2時間ぐらい効力が続きますから、「食事の時間を2時間以内で終わらせよう!」という事が大前提。

普通の食事だったら大体30分ぐらいだと思いますから、別にどうという事もありませんが、飲み会や宴会前にとなると、「わざわざ席を離れたり、人前で飲むのはなんか恥ずかしい」と思いますよね。

外食やお酒はカロリーもお高いですから、タイミングよく飲みたいし、基本飲み会とかは長くなりますから、タイムラグも出てきてしまいますね。

まさか2時間ぶっつつけで、食べたり飲んだりしてるわけではないですから、食事の前に隙を見てササっと飲んでしまうのが良いのではないでしょうか?

飲み会だったら、会場に着いたら化粧室などでこっそり飲むのも良いでしょう。「メイク直してくる~」で抜け出すといいかもです。

食事開始の30分前に飲んでおけば、食事開始時には体内で成分も解けている事ですから、それを目安とすると良いですよ。

飲み会後半は、あまり飲み食いせず、さりげなく量を控えめにして、余計なカロリーを摂りすぎないように注意しましょう。

カロリミットの効果を引き出してくれる食事方法

カロリミットを飲んだ後は、即座に油物を食べたりせず、まずはサラダなどを食べておきましょう。

野菜類は消化を助けてくれたり、食べ過ぎるのを防いでくれますからね。

いくらカロリミットでも過剰なカロリーは分解するのにも時間が掛かってしまいます。

というかダイエットしているからにはそういった方面にも気を使ったほうがダイエットも捗るのではと思います。

「これさえあれば~」とカロリミットを完全に当てにして無茶食いなどをすれば、当然胃腸にも負担が掛かります。

重ね飲み厳禁

2時間がタイムリミットであるカロリミットですが、時間内でも、飲む量を守らず多く飲むとお腹を下す危険性があります。

カロリミットにあまり依存せずに、自分の意思をある程度コントロールするのも大切ですよ。

食事の前に飲む癖をつけておきましょう

カロリミットには、糖分の吸収を抑える上に、食欲も抑えたくれる働きもしてくれます。

普通の食事ならば効果は抜群ですが、お酒が入ってしまうとこの食欲を抑える効果も鈍ってしまいます。

このコントロールは「よく咀嚼する」事で自分でも調節が効くようになりますから、飲み会などでも、「よく噛んで食べよう!」を心がけましょう。

眼前においしそうな料理が並べば、つい食欲に負けそうになりますが、ある程度以上のカロリーはカロリミットでも防ぐのが難しくなってしまいます。

「飲んでるから大丈夫!」では必ずしもないのですから、そういった点をよく理解してカロリミットでダイエットを楽しみましょう。

カロリミットの飲み方まとめ

カロリミットを飲むのが食前が良いとされているのは、含まれている成分の効力が、飲んでから15分前後で、段々と効き目が見えてくるからです。

なので、「いただきます」の直後でなく、30分前後で飲むようにして、食事を楽しみましょう。