なんでカロリミットで便秘になる事があるの?

飲んでも便秘にならないようにしたい

ダイエットの際のカロリーの制限を助けてくれるカロリミット。

食べ過ぎた時のお助けアイテムとして超便利なサプリメントですが、中にはお腹を下したり便秘になる事があるという人もいますね。

これらを何とかするにはどうすればいいのでしょうか?

カロリミットはどういう風に効果を出していくのか?

カロリミットとは、ダイエット中でも食制限で無理をしないように、食事のカロリーを抑えてくれる効果のあるダイエットサプリメントです。

ダイエットの大敵である脂質と糖質が身体に吸収されるのを抑えて、脂肪をつきにくくしてくれます。

飲み会や外食などにお誘いされて、まさかダイエット中だからと断るわけにもいきませんから、でも高カロリーな食事はとりたくない・・・そんな時に強い味方になってくれるのがカロリミットな訳です。

カロリミットはどういう成分が配合されてるの?

カロリミットに含まれているのは、ギムネマやキトサン、鳩烏龍茶が配合されていて、糖質や資質が身体に吸収されるのを抑えて外に出してくれるよう促してくれるわけです。

それに加えてインゲン豆は、炭水化物の消化吸収を抑えてくれて、血糖値の変化を緩やかにしてくれる桑の葉などと、ダイエットにはありがたい成分ばかりです。

このように、高カロリーな食事の余分な栄養が身体に入るのを抑えてくれるので、食前に飲んでおけば、その効果を発揮してくれることでしょう。

でもどうしてカロリミットで便秘になったりするの?

人間の身体にとって、脂質や炭水化物、糖質などは大切な栄養素です。普通であれば余分な栄養は便となって出ていきますが、食事を食べ過ぎたりすると、余分な栄養は老廃物となっていきます。

カロリミットは身体で吸収しきれなかった余分な栄養素と、この老廃物を一度に排出しようとするので、便が増えて便秘になるわけです。

飲む人全てのお腹が健康であればいいのですが、やはり人によっては便秘気味だったり運動不足とかでお腹の調子が悪かったり、「カロリミット飲むからいっか」と脂っこい物ばかり食べてしまったら、腸の調子は悪くなってしまいます。

こういったことでお腹の調子が悪くなるところに、カロリミットを飲むと、便が増えてしまい、結果として便秘になってしまうわけです。

この状態が続いて、カロリーを抑えたいがためにカロリミットを1日3回、1回1錠で飲めば、ますます便秘を悪化させしまいます。

カロリミットを飲む際に、たっぷりの水で飲めば、水分不足を防げて、便秘も収まりますから、いつもペットボトルを全部飲むぐらいの量の水を飲んでおきましょう。

もしも便秘になったら一時的に使用を休止しましょう

しばらくカロリミットを飲んでいて便秘になり始めたら、一時的に飲むのを止めてみましょう。

カロリミットとは摂取カロリーを抑えてはくれますが、飲んで痩せる薬ではありませんから、飲む量はきちんと守ることが前提です。

それからカロリーをただ抑えているだけでは痩せないですから、適度な運動と、普段の食事も見直さないといけません。

便秘が続くとダイエットも何もあったものではないですから、注意しておきましょう。